フローリングの修理で知っておきたいこと

subpage-img

フローリングは毎日の生活で必ず使うもので、気をつけていても傷などがつきやすい場所になります。
そのようについてしまったキスを業者に頼んで修理してもらうとなると、非常に高いコストがかかってしまいます。

そんな時には自分で補修することもできます。

通常なら何万円もかかってしまうところ、その何分の一のコストで対応することもできます。

まず軽い傷などはフローリング用の傷隠しシールなども販売されており、初期段階ではこういった対応も可能性です。

もしもう少し本格的な修理を希望されるようでしたら、深い傷などのある場所に専用のパテを詰めて、フローリングの色や木目を再現することのできるキットなども販売されています。


こういった修理は手間もかかりますが、修理の仕上がりは綺麗になります。もう少し簡単な補修キットもあります。

塗ってこするだけの簡易なものです。


深い傷などには対応ができませんが、多少の削れであれば問題なく、修理できます。

他にはクレヨンのようなものもあります。

人には聞けない珍しい東京の浴室のリフォーム情報探しに特化した総合サイトです。

そのクレヨンを暖めて塗り込むタイプなので、作業後のお掃除やワックス掛けなども行えます。


また擦れキズなどをこすって目立たなくするシートも便利です。細かいキズなどはこういったタイプで日頃のケアが行えます。

朝日新聞デジタル情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

またワックスの中にも傷隠しが同時にできるものも売られていますので、日頃のフローリングのお手入れと同時に行うことが可能です。



その他にも様々な簡単グッズが販売されていますので、一般の人でもフローリング補修を行うことができます。


top