フローリング修理の方法とは

subpage-img

いつも普段の生活で使用しているフローリングは丈夫なものも多いですが、木でできているため、物を落としたり、家具などを引きずったり、また歩いたりするだけで、キズをつけてしまう場合もあります。

プロのフローリング補修のいろいろな情報を集めました。

リビングなどの場所によっては非常に目立ってしまい、修理したい場合にはどのようにしたらよいのでしょうか。
本格的なものになると、貼り替えなどをした方がよい場合もありますが、同じフローリングを探すことは非常に大変なので効率と時間的なことを考えると、また貼り替えるほどの大きなキズでない場合などは、修理した方が安くすみますし、充分な結果が得られる可能性が高いです。
フローリングの修理には自分でキットを購入し、作業するやり方があります。ホームセンターなどでは多くの修理キットが売られており、簡単な貼るだけのシートや擦ってキズを目立たなくするもの、本格的なパテで傷を埋めるものなど様々です。


どれを選ぶかは傷の深さや数によります。

朝日新聞デジタルの情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

簡単な傷は自分で修理しても問題ありませんが、大きく深い傷には業者に委託した方がリスクが少ないかもしれません。補修業者に委託すればかなりの金額がかかりますが、効果は絶大です。



もしご自宅のフローリングを資産として考え、後々フローリングの品質をある程度保っていたいのであれば業者に委託された方が良いでしょう。


実際の補修する対象がどれだけの大きさか、また将来的にどうしたいのかで、自分で作業するか、業者に依頼するかが決まってくるのです。


top